ヒートケア60低温ドライヤー

ヒートケア60低温ドライヤーの最適温風

低温トリートメントドライヤーは、髪の水分をしっかりと保ちながら、
全体を速やかに乾かしていきます。

 

 

 

あなたが今使っているドライヤーは、何度の温風(熱風)ですか?

 

 

一般的なドライヤーが表示している温度は、ドライヤーの吹き出し口での
温度だったり、一定距離での温度だそうです。

 

 

でも、問題は髪ですよね。

 

髪が実際に受ける風の温度が問題です。

 

 

急いで乾かそうと、ターボモードなどで、さらに髪の近くで
乾かし続けたために、髪がヤケドをすることもあります。

 

 

一度、ヤケドしてしまうと、髪は、もう元には戻せません。
ダメージも強いため、その後のスタイリングも難しくなります。

 

 

ヒートケア60低温ドライヤーでは、20294人の方々の
実際に使っている人達からアンケートも元に調査も実施。

 

 

この結果を見ると、女性の場合、平均すると15pくらい、
ドライヤーを髪から離して使うケースが多いそうです。

 

 

しかも、次第に腕が疲れてくるために、ドライヤー自体が
髪に近づいていきます。

 

 

髪や地肌がヤケドの危険にさらされる時ですね。

 

ヒートケア60低温ドライヤー,ダメージヘア,クセ毛,寝ぐせ,ドライヤー

 

一度、ヒートケア60低温ドライヤーで、ヤケドの心配も要らない
スタイリングを楽しんでみませんか?

 

 



 

 

 

ドライヤーの最適温風関連エントリー

髪美人育成プロジェクト
ヒートケア60低温ドライヤーは、株式会社髪美人育成プロジェクトという会社の美髪に導くためのドライヤーです。
低温と言っても60度の温風
ヒートケア60低温ドライヤーから出る温風は、低温と言っても、体温よりずっと温かい60度の温風です。
サイクロン式の風で楽々ドライ
ヒートケア60低温ドライヤーなら、サイクロン式の風が作りだせるので、髪を乾かすのも楽々です。
ドライヤーを衛生的に使う方法
ヒートケア60低温ドライヤーは、吸風口が気軽に丸洗いできるので、安全・衛生的に使い続けられます。
節電タイプのドライヤー
ヒートケア60低温ドライヤーは節電ドライヤー!?ドライヤーって消費電力が高いのになぜ?